ASP

 既にご存じの話で、少々旧聞になりますが、2か月ほど前にdocomoが、オリンパスなどと共同で携帯電話の試作機を作ったとの報道がありました。 ※画像は同社の報道発表からの引用です

 



      


使われている木は、高知・四万十のヒノキ材ということです。
普通、ヒノキ材はお風呂などで心地好い香りを放つ木として有名です。
そして、そのヒノキの香り(実際にはその香りの元になるテルペン類の成分)は、ダニ退治に大変効き目があります。

そのヒノキ材を使った携帯電話機ですが、「ここに技あり!」っというわけがあります。普通のヒノキでは、この携帯は作れません。その理由は簡単、木が柔らかすぎて、このような形状を維持することができないのです。

そこで、ヒノキを圧縮するという技術で成形されています。
木を圧縮することは、昔から色んな方法でなされていました。ここで採用されているのは、「高温高圧水蒸気圧縮成形」という岐阜大学の棚橋教授らによって発明された技術です。
この技術の素晴らしさの一つとして、180度程度まで木材内部の木温?を上げるため、木の成分に変化が生じ、その結果、菌の発生を抑制する化合物が生成されるので、抗菌性が高まります。ですので、ちょっと汚い手で触っても、携帯を持つことで手のひらを洗っているというような効果が出てきます。携帯しながら滅菌してるというわけです。

それと、木の厚さを半分位までに圧縮することで、木の樹液が凝縮され、じんわりと滲みでてきます。この僅かに滲み出す成分にはツヤ出し効果があり、携帯を手に持って使えば使うほど、表面に光沢感が増します。
まるで、革製品を愛用して何とも言えない風合いが醸し出されてくる、the My-phoneという愛着が湧くような携帯になります。

化石商品ではなく、温もりある自然素材を使った携帯電話の誕生が待たれます。


蛇足ながら、私も棚橋先生のご指導などを仰ぎながら、同じ圧縮材を使って製品作りに精を出しています。


  

小野市のいつもお世話になっている木工所さんに先日お邪魔しました。


木の話を色々としていたら、物知りな社長さん。

事務所の奥の部屋に入ってゴソゴソと・・・


「これ、めちゃくちゃ堅い木なんよ、木目も面白いやろ。なかなか手に入らんように

なってきた。黒檀もそうやし、堅い木は希少価値になったね。。。」



それが、このスネイクウッド(snake wood)。 蛇の模様に見えることから・・・

素晴らしい木の色合いと木理

ほんと、この木は、実に名は体を表しています。


スネイクウッド:別名「レターウッド(letter wood)」 字体のように見えるから・・・

南米産で比重は約1.1。大変希少で「幻の木」と呼ばれています。



 

今日、大阪の中之島で研ぎ澄まされた感性でデザイン活動をされているgrafさんの工房

暑い夏に伺って以来。

昼休みの訪問でしたが、家具職人の皆さんが熱くミーティング中


graf設立メンバーの荒西さん、野沢さんと雑談してきました


色んなアイデアが噴射、連射です

Aibouの婦木さんも、感性のレベルが高い。


刺激力いっぱいの方々のお陰で、パワーがUpします!!

今日、岐阜大学を訪問しました。

「高温高圧水蒸気圧縮成形」の技術を発明された棚橋先生からお話を聞くために。


木材の圧縮は、色んな方法でできます。その中で、短時間で変形、歪みなく、かつ

水と電気だけでの使用によって環境負荷が小さいのが、前述の技術です。


本来、木は水に大変弱い性質のものです。水にずっと浸けて放置しておくと、内部

までがフニャフニャになり、最終的には腐ってしまいます。また、ヒノキやスギなどの

針葉樹は、もともと柔らかい材質で、曲がりやすく、表面に傷がつきやすかったりします。

これら弱点を克服して、強度と耐久性を木に与え、水に強くすることができるのが、

圧縮技術なのです。また、副産物として、香りが際立ったり、色が濃くなって高級感

が出たりなどします。


今回、先生と様々な要素で意見交換ができました。今後、「木のあれこれ」の中で、

紹介していきたいと思います。

AiBou


 


LINKでもご紹介していますプロダクトデザイナーの"婦木佑太(フキ ユウタ)"氏とは、今年の3月にひょんなことからご縁が始まりました。


婦木 氏は大学時分から仲間と一緒にA4(エイヨン)を立ち上げ、斬新でスタイリッシュなデザインを木材などを通じて具現・製品化。 多くのデザインコンペでグランプリなどの賞を受け、雑誌でも注目、一押しデザイナーとして脚光を浴びています。




A4から独立した彼と、圧縮したヒノキ材を使って、生活空間に香りとともに憩いある製品が作れないかとコラボ企画を始めました。

最初に考えたのは、圧縮することで木の比重を変えられるという特性、それで製品化目指したアイテムがあったのですが、今のワタシには課題があり過ぎ・・・っということでアイデアは現在お蔵入りです。


そして、今月、"ishi-zen"と"za-zen"が商品としてデビューします。

小さな展開から始まりますが、上質な生活に心地好さをお届けできる商品だと確信しています。

ネットでは、11月15日(日)から、「spiralBank」の"オンラインショップ"で販売が開始されます。


婦木氏のサイトwood work olior」も是非ご覧ください。特に、犬好きの方には、愛犬を癒したいと思えるアイテムが充実です!


そして、"ishi-zen"、"za-zen"、「ターンオーバー」もよろしくお願いいたします。



 

先週(11月4日から6日まで)は、仕事で鳥取に出かけていました。

先ずはいつも大変お世話になっている岡山県境に位置する智頭(ちづ)の森林組合さんへ。

智頭は、関西方面を中心に「智頭杉」が有名ですね。周りの山々にも真っ直ぐに伸びた

杉の木がすくすく育っています。その山々と青空を見ているだけで、本当に癒されます。


智頭をはじめ鳥取県の多くの地域では、木を使った造形物が多くあります。とりわけ、木造

校舎となっている学校が山間部中心に良く見かけられます。木質環境の学校生活が、児

童・生徒、教員にどのような影響を与えるかを調べた研究では、木目などの視覚、放たれる木の

香りの臭覚、壁などをなでる触覚などから、児童らは「暖かみがある、落ち着く、柔らかい」

などのイメージを抱き、先生も「精神的疲労が軽減され、イライラが小さくなる」などの好印象

を与えています。さらに、木の香りで抗菌性の向上が図られることもあり、インフルエンザの罹

患率の低下にも貢献するとの報告もされています。

私は以前、山陰の米子に住んでいたことがあります。

赴任するまでは、関西人の私にとって、距離的には山陰はさほど遠くない距離に位置するのですが、なぜかしら感覚的には東京以上に遠く感じていました。

転勤慣れしていた私(海外2都市と東京)にとって、山陰は自然の恵みと優しさを肌で感じさせてくれ、情に篤い鳥取、島根の方々とのお付き合いを通じて忘れられない土地となりました。

特に、日本海の新鮮な魚料理は、味はピカ一は当然のこととして、値段も驚くほど安い!

夏のイワガキ・クロマグロ、冬の松葉ガニを代表に、何を食べても美味しい^^

特に、ゲゲゲの鬼太郎のまち、境港にあるさかな工房さんは私が大好きな粋な和食のお店です。

関西では出回らない、地元で消費される珍魚も焼き魚などにして出してくれ、いつ行っても楽しい会話と料理で幸せな気持ちになれます。

“ゲゲゲの鬼太郎”へお出かけの際には、是非新鮮な日本海の魚料理を召し上がってください。


私は、コーヒーを飲むのが好きです。 今もコーヒーを淹れています・・・

いつも、本格的な淹れ方でなく、フィルター付きコーヒーをカップに置いて、お湯を注ぎ入れるという簡単な淹れ方です。それでも、コーヒーの香りが立って、飲む前からコーヒーを楽しめます。


”大人”の香りを嗅ぐだけでも、根詰めた思考回路が、ちょっと緩くなって気持ちがリフレッシュされます。


私にとって好ましい香りは・・・ 台所から漂って来る料理、おしゃれな女性のすれ違い様に放たれる香り、日干しして"ふかふか"になった布団などなどです。

苦手、嫌いな臭いは・・・ 化学製品を源とするもの、汗臭い柔道着、汚泥など発酵したもの。小さい頃は、クルマの排ガスがそこはかとなく好きでした^^


香りは、生活の質感作りに大事な要素だと思います。 木の香りについても、「木のあれこれ」で触れてみたいと思います。

コーヒーも飲みごろになりました。


"Turnover"のHPにようこそお越し下さいました^^
11月1日を節目の日として、HPを開設いたしました。

HPページ(“快木”生活)の管理人です。

HP作成に不慣れな身ですが、今後勉強して、見た目、中身がより良い質感になるよう頑張って作成していきたいと思います。

これから、どうぞよろしくお願い申し上げます。

by 管理人 拝


PR