ASP

一定期間更新がないため広告を表示しています

 
国際箸学会

日本の食文化に欠かすことが出来ない「お箸」

そのお箸を通じて、優れたものづくり、食事作法などを知って貰おうと設立された
ユニークでアカデミックな会です。

設立者である小宮山理事長さんが大阪に出張で来られ、会のメンバーである
「サンミ」さんの梅田店でお箸のワークショップが開催されました。

ワークショップの最後に催されたのが、参加者全員による“ハシピー大会!!”
ルールはいたって簡単!



60秒間でお箸を使って、落花生(殻付きピーナッツ)をどれだけ移し替えられるか
というゲーム。日頃、ツマから箸使いが下手とダメ押しされている身、結構緊張^^;

利き手の右は下手なりにピーを70数個移し替え出来て一安心^^(多い人は90超え!)
でも、難しいのは左手にお箸を持ち替えてのハシピー...
左腕は回せても、指先をコントロールして、ピーのクビレを持ち上げることは難しい!




ワークショップの前半は、自分の手に適したお箸の長さを知って、その長さにカットした
白木のお箸に、マイ箸用のデザイン!!




個性ある作品が出来上がり。




女性の参加者の可愛らしいお箸・手元の天削げも可愛いカット^^


デザイン&ペイントされたお箸は、箸メーカー老舗の兵左衛門さんで塗り仕上げをして貰って
届けてくれます。

今までも色んなお箸のワークショップに参加して鉋やカッターでお箸を作ったりして
ましすが、国際箸学会さんのワークショップはとても愉しいものでした。

ハシピーは、脳の働きを良くしてくれそう〜でした^^



先週の日曜日に出かけた出雲國壱之宮である「熊野大社」さんは、最近のパワースポット人気ででも脚光を浴びています。 熊野さんと深い縁のある出雲大社さんよりもパワーがある!っという人も多いとか・・・ (ワタシは全くわかりませんが、そんな話を良く聞きます)



毎年5月の第4週の日曜日は、熊野大社さんの「元宮祭」があります(今年は当日が雨で5月30日に延期されました。)。


元宮祭は、祭神「スサノヲノミコト」を祭った元々のお宮である天狗山(標高610m)に詣でる祭事です。地元の方を中心に約30名で山に入り、新緑の木々の木洩れ日のなか、クマ除け鈴をチリンチリンと鳴らしながら元宮を目指します。




宮司さんが正装に着替えられ、磐座前の大きな石を積んだ祭壇の前で厳粛な祭祀が執り行われます。



結構急な山面の上にある岩窟が、大神さまが坐しておられたところです。







この日は宮司さんの許しの下、岩窟まで登りました。何年か前、ここを詣でた東京からの若い女性達が「凄いパワー」と驚いていましたっけ・・・

参拝の後は、頂上まで登ってみんなでお昼ご飯^^




頂上からは、中海が望めます。


地元のご婦人達のなかで「ゲゲゲの女房」が話題になった今年の元宮祭でした。

誰でも、当日自由参加で受付してくれます。
来年も元気に参加したいと思います。



先週は、島根・鳥取にでかけていました。
 

普段のワタシは、事務所まで自転車でスイスイ5分の通勤の身。

今日は、久しぶりにサラリーマン生活時分の時間帯に電車に乗って梅田へ。
今までは、買い物、飲み会、遊びも神戸が主戦地だったのですが、現在は大阪に出か
ける方が多くなっています。

それで、大阪で困ることは方向感覚が弱くて無駄に歩いてしまうこと・・・
海と山で方向を知る神戸人にとって、大阪や東京の街を歩くのはちとややこしいです^^;


“梅田”
先ずは取引様と打ち合わせ。開店準備でスタッフの皆さんが忙しくされているなか、
新たな提案などなど・・・ 濃密で充実した時間でした。


“本町”
地下鉄で産創館さんへ。起業以来、色々とアドバイスを下さるスタッフさんと新商品の
展開などについて相談。HP作りについても的確なアドバイスを頂戴する・・・
少しずつ成長していく過程をいつまでも見てくれる方がいて下さることに感謝です。


“谷町”
産創館近くでショップをされているオーナーさんに会いたくて、アポなしで訪問。互いの
近況話をしながら、「ゆらkuji」クンを見て貰うと、手のひらに乗せてナデナデを・・・ 
スタッフさんも手のひらのなかに包みこんでくれ、何度も「気持ち好い〜」と嬉しい感想を
頂きました。



そして、圧縮したスプーンも手にとって「今までないしっくりした何ともいえない感触」と・・・ 
ゆらkujiとスプーンなどをお買い上げ頂くことになってしまいました。 
そして、Webででも買えるようにすれば良いのにとの声も・・・ 
なので、弊店のプロダクトを買って頂ける間口を広げるべく、今月中にはWeb shop
を開設したいと考えています^^ 


“心斎橋”&”日本橋”
プロダクトの副資材など、業務用途のアイテムを購入するためにショップのハシゴ!


久しぶりに大阪のキタからミナミまで歩いた歩いた1日でした。


次回の記事は、最近のパワースポット人気のなかでも紹介されない、ウルトラパワー
スポットに出かけた話を・・・ 山の中を歩いたのですが、クマよけ鈴を携行しました^^;

 
久しぶりに朝に楽しみができました!
何年ぶりかで朝ドラを観ています^^

調布がメインの土地ですが、ゲゲゲの鬼太郎=水木しげる先生=境港、奥さまが安来、と山陰が
サブ舞台なので、“そげです”を聞いては和んでいます。


(境港観光協会が作製したブックマーク「妖怪しおりセット」。水木先生が第3位で見事に登場)


境港〜米子〜安来の地元で話されることとして、水木しげる先生の懐の深さ!

今朝の放送のなかで、「水木洋子」という名前を使ってでも漫画を描けることについて触れていました。

境港にある「水木しげるロード」には年間100万人を超す来訪者がおり、商店街では多くの“鬼太郎グッズ”が販売されています。ちなみに、境港市の人口は3万人ちょっと。。。

これらグッズには妖怪達が描かれていて、当然ご多分に洩れず、意匠権、著作権などの知的財産権が付いています。一般には、キャラクターのイメージを壊すからと、デザインの変更は、作家さんやプロダクションなどが許してくれないものです。

“鬼太郎グッズ”の使用に関してはルールは存在しれているようですが、水木先生と水木プロダクションでは、妖怪のデザインの審査は優しく、使用権料はとても廉価で許可されているとの話です。

そこに水木しげる先生の境港のためになればとの思いを感じ、この柔軟さに感銘を受けます。

今度の日曜日、松江・八雲にある熊野大社さんに出かける予定で、その行き帰りに安来の温泉と、
水木しげるロードにも足を延ばしてきます。






大阪に出かけ、昼前に用事が済んだので、この時間だと並ばないで大丈夫だろうと、

女性に大人気の梅田にある「サンミ」さんへ


美味しくて、健康的な日替わり玄米定食を食べ終えると、
店内が女性だらけになったので、
カボチャケーキを持ち帰りにして、そそくさと退散^^


そして、前々からシブイ白いお皿が欲しかったところ、grafの知人が紹介してた
益子焼の作家「田村 一」さんの個展をしている、ご近所の「うつわ クウ」さんへ

何とも云えない淡い白い、丁寧な造作が美麗な白い1点もののお皿を手に入れました





そして、美味しいものを美味しく食した 至福の午後でした^^






新しいプロダクト香りの葉っぱ“CH/DU”のパッケージ作りに取り組んでいます




ラッピングペーパーは、鳥取県東部の青谷地域に息づく伝統の因州(青谷)和紙を考えています。
楮(こうぞ)という木の樹皮を漉した和紙で、風合い、彩りも多彩です。


このカラフルな伝統漉し紙に、ウグイスのロゴをエンボス




足元には“O" ・・・ これはラグビーボールをイメージ


和紙のことを少し知るだけですが、和紙の何とも云えない上質な肌触りは最高〜です!

 


 
山々は、この時期が1年で一番美しい

自然が生みだす緑のグラデーション


樹種、樹齢、育つ環境によって、
これほどまでにGreenというcolourに多くの緑があることを知る季節


CO2を吸ってO2を供給してくれる葉っぱ





木にはそれぞれに匂いがあり、その葉っぱも個性をアピールします




そして、葉っぱには幹、枝よりも香り成分を多く含んでいます

大葉、山椒の葉っぱは、これから暑くなる季節には、清涼感ある匂いがありますよね 
(↑これ、一個人の感想です^^)


現在、葉っぱをモチーフにしたプロダクト製作中です


シンプルに葉っぱから、木の香りを愉しんで貰えるアイテム





高温熱処理した圧縮ヒノキ
優しい香りが疲れた心身をリフレッシュしてくれます〜^^





香りが凝縮しているので、香りも長続きします

現在、香りを届けるパッケージ用に使う和紙を吟味中です





来月、line-upする予定です。

色んなsituationで使って頂きたいので、
M○Sバーガー並みのお値段でご提供したいと思っています。


毎朝、川沿いの小道をチャリで滑り降りる時、あま〜い匂いがするspotが・・・

小さな白い花が無数に咲き、ミツバチやアオスジが乱舞します。

朝が早かったので昼頃より少なめでしたが、花から花へ一心不乱に蜜を吸っていました。














花木の自然の香り

花木が持つ個体の匂い

たまらなく癒されます。



 



ついに上海万博が開催

上海で万博が開幕^^
上海万博が180日間、どれだけ盛り上がるか楽しみだ。





40年前の大阪万博で沸いた当時の日本マグマを越える中国マグマ
政治は北京、商業は上海

当時の大阪の勢いは衰え、今や全てが東京一極集中

 

今日は用事も兼ねて、20年前に開催された花博会場跡にでかけてきました。
あれから20年、早いものだ~




穏やかな青空の下、ちょっと水辺でひと休み



皐月も始まりました^^
螺旋をもうひと捲きして、今月も頑張ります




 




とても素直で綺麗なつむじ




木肌の優しさを見てるだけで、癒されます^^





ゆらkujiのお母さんです!




この親子は仲良いです。

ゆらkujiの誕生の様子は、HPをご覧ください。


癒されます


PR