ASP

一定期間更新がないため広告を表示しています

 
暑中お見舞い申し上げます。 今日は、大暑にふさわしい暑さですね^^;;

鳥取県がゲゲゲの水木しげるさんに名誉県民賞をという、嬉しいNews!


境港が生んだ大先生のお一人。もうお一人は、福山雅治さんが尊敬してや
まない写真家の植田正治先生。

水木先生のことは、以前にも書かせて貰いましたが、町の振興のためにと、
商店街のお店などに、鬼太郎はじめ自身が持つキャラクターの使用権をゆ
るくして、使わせていること。何と懐の深いことか。。。


明日、米子の「鬼太郎空港」で受賞式
本当に素晴らしいことです^^


この3連休の最終日、ずっと放置して伸び放題にしていた(梅雨で
草抜きもままならなかったんですが・・・)庭の草木の手入れをやり
ました。

とても狭い面積でも、草を抜いたり、剪定したりするのは、大汗をか
きます。お陰で、草ぼうぼうで鬱陶しくなってた場所が綺麗になると、
見てるだけでも気持ちが爽やかになるから不思議です。
 





春の花見シーズン前に綺麗に刈り上げてくれた川辺も、草木が大き
く成長。
人間の背丈ほどに伸び、犬を除き川に近寄る人が少なくっていました。


がっ、川遊びを愉しみたいこの時期、市の委託を受けた造園業者さん
が見事に雑草を刈り上げてくれました。





昼間は水遊び、夕方からはBBQの場として活躍します。

手入れは大事ですね^^

明日、ボクも頭を刈りに行って、さっぱりしてきます。

 


ぶくぶく
                  ( パンダの半身浴 )


昨日の午後は、ごちゃごちゃとしてて熱い大阪を怒涛の勢いで歩き廻りました。
いつもお世話になっている何組かの人達と会って、面白いアイデア、手厳しい指摘
などをありがたく頂戴してきました。

そして、夕方は起業家、イノベーターを支援する大阪産業創造館で開催された「空想
生活」を主宰する西山浩平さんの講演を拝聴。

ユーザー視点をカタチにする術など、面白い話が満載でした。

そのなかでも、「001」「010」「111」という話。理数系の西山氏ゆえ、「ボクにはわか
らん小難しい話に展開していくんかいなぁ〜」と思ったけども、中身は全然違い、イン
ドネシアの学生の話でした^^


僕は幸いにも「111」です。彼が会ったインドネシアの学生の中には、経済的バックグ
ラウンドなどで、「011」だったり「101」の若者がいるとのこと。この「0と1」は、学生が、
朝・昼・夜の食事を食べているかどうかを表す言語らしいです。
日本の学生は、もはや「001」の人は少ないでしょうが、まだ111になれるように頑張っ
ている学生もいるとのお話。

そういう学生の頑張りから出てくる、面白いアイデアや知恵を空想生活ではカタチにし
て、そのカタチが売れれば、収入となって「111」をエンジョイできるというCSR的を持
つ会社を主宰する西山氏、面白かったです。



話ががらっと変わって、明日のNHKの「あさいち」。パパイヤ鈴木さんの大阪探訪が
放送。そのなかで、知り合いのgrafの家具職人「荒西さん」も出るみたいなので愉し
みです。その前は、元サッカー日本代表の中田さんとも話をしたりして。

ゲゲゲを観てから観るつもりです^^


昨日、ひとり横綱の白鵬が40連勝を飾りました
今場所中にも大鵬の記録を破る可能性がある

別に白鵬関が嫌いじゃないけども、多分好きな方・・・
でも、今の大相撲でこの記録はそんなに凄いのかと思ってしまうのはボクだけでしょうか?


大鵬、北の湖、千代の富士など大横綱と同一視すべきなのか。
連勝記録、双葉山の69連勝を破れば、史上最高の力士となるのか。



今までに輩出されてきた名横綱には、常に力が拮抗したライバルがいた。
白鵬は、確かに強いが、大関以下に強い力士を見つけることは難しい。
朝青竜も土俵から消えてしまったし。


白鵬の連勝記録しか明るい注目ネタがないので、仕方ないことなんでしょうが、
相撲はスキャンダルだけではなく、土俵のうえでも強い力士の台頭がないことは、
協会が取組むべき大きな課題かとも・・・


なにはともあれ、白鵬関には、取りこぼすことなく全勝優勝を果たして欲しいと思います。


 
自然の強さに驚かされるここ数日間。
西日本中心に豪雨で痛ましい爪痕を残したと思いきや、
あっという間に梅雨明けして青い空が広がっています。


厚く立ち込めた雲の上にある青空と太陽が目に眩しい


近くを流れる川は、六甲山からのホタルが舞うほど綺麗な水
セミに混ざって、キャーキャーの声





涼を求める人達のオアシス

さぁ〜! 夏本番です♪

今朝も通ってきたのですが、いつも自宅から事務所に行くとき、人家ある路地を
通り抜けています。早道なもんですから・・・

そして、ここ数週間、とても気になるお宅があります。

玄関先の庭に花木を植えられいて、・家構えがとてもおしゃれです。
その玄関横にある花木のなかの一つが、旬のブルーベリーの木!






ご覧ください!このたわわに実ったブルーベリー!!
育てられているのは、この1本だけで、それで実を付けているし!





ざぁ〜と見たところでも、over a hundred!です。
家の鉢植えベリーなんかと較べようにもないほど



でも、どうして折角実って食べ頃なのに・・・ いつも数が減らんの?


ワタシの実家のみかんの木は、冬になるとみかん泥棒がごっそり夜中
摘んで持って帰られてしまうのです。
こちらのお宅のブルーベリーは、ヒヨドリの餌にもならず、本当にスクス
クと育っています。


たわいもない、日々の関心ごとデシタ^^



豪雨が続き、近くの川の水かさも増しています。






7月も半ばになっても梅雨明けしないなか、セミが鳴き始めました。

川沿いの桜並木の木々から、数匹のセミが朝、夜問わず鳴いています。


例年なら暑い夏空の下で、うるさいほどミィ〜ミィ〜と叫んでいてもおかしくないんですが・・・

厚く垂れ込めた灰色の空と雨の下では、セミの声も寂しげ

土中からようやく出て来てみたら、ずっと雨降り。とても短命のセミ達には、やはり
青い空の下で元気に鳴き騒いで貰いたいですね^^


はようぅ〜、青空が戻ってきて欲しい〜デス


 南アでのFIFA W杯、スペインというサッカーの醍醐味であるパスワークの
素晴らしいチームが優勝。それもフェアプレイ賞も受賞!
デル・ボスケ監督も風格が備わり、ベンチワークも素晴らしかったです。

それと、ドイツのパウル君なる人気もんも登場。タコの寿命が3年位というこ
と、初めて知りました^^


さて、まだアパルトヘイト体制下にあった南アにぶらり遊びに行ったことがあり、ダー
バンの街の雑貨屋で何気なく買ったお土産がこれ。





マラカイト(孔雀)石なるもの。綺麗なミドリ色をして、その紋様もどこかしら木の
年輪のよう。 詳しいことは全然わかりませんが、マラカイ石も長い年月をかけ
て堆積した成分でこのような面白い紋様を作りだすのでしょうか。





写真奥の木のタマゴと同じ年輪(材木では成長輪と呼ばれます)模様。

(ミドリのマラカイトと一緒にあるベージュ系の石は何んでしょうか?ちょっとネット
で調べたのですが、判らず仕舞いでした)

 
小学生のころ、電動鉛筆削りで鉛筆を削るのが、とても楽しかったです。
削ったばかりの芯を無理やり折っては、何本も削っては使わないのに短くなる。

最近は、何かを書く時にはボールペンやシャーペンではなく、鉛筆を使うように
なりました。万年筆は、持っててもあまり使いません。

芯の硬さは、Bが好きです
ちょっとだけ柔らかく、濃い字が書けることが気に入っています





外出時に携行するのはシャーペン
机では鉛筆





芯がちびて、くるくる回しながら削る
これが好きです



 

夏の果物といえば、スイカ、メロン、モモ、マンゴーなどなど
甘酸っぱかったり、瑞々しかったり、食欲が落ちた時にはフルーツは最高です。


特に、スイカが好きです^^
独身の頃、ダマスカスに住んでいたんですが、夏(4月終わり〜10月頃までが
真夏!)は地方から出てきたオヤヂさん達が、路上にテントを張ってスイカとメ
ロン売りをしてました。

毎日の気温が摂氏40℃超え〜、空には雲なし、夏季はいつも晴れの天気なので、
(当時は)天気予報もなくなる〜、停電・断水が毎日あり〜というアラブ的生活。

いくら乾燥していても、暑さで食欲もなく料理作りのも面倒^^;
なので、いつもオヤヂ達から大きなスイカとメロンを買っては、食事代わりに食べ
てました。

さすがに、集合住宅住まいのワタシは、スイカなんぞ作れない。それで、ブルーベ
リーを何年か前から作っています。当初5鉢あったのですが、昨年2鉢を枯らして
しまって、3鉢に頑張って貰っています。

まだそんなに多くは青いままなんですが、濃い紫色したブルーベリーを摘んでは、
朝のヨーグルトに入れて美味しく食べてます^^



PR