ASP

一定期間更新がないため広告を表示しています



先週末の台風11号は、四国中心に大きな傷跡を残して
日本を縦断していきましたね。

兵庫県も上陸して、久しぶりに短時間の大雨と強風で台風
の凄さを感じました。
家の近くの芦屋川は、日頃、特に夏の間は市民の憩いの場
として大変親しまれています。幼稚園や小学校の子供たちの
明るい声が良く轟く小さな川です。



(写真は7月11日に撮影)

その川が台風で猛烈に増水し、泥水でカフェオーレ色した水が
激しく川の水辺を大きく変貌させました。
下の写真は台風通過2日後のもので、水量は多いものの元の綺
麗な水になりましたが、水辺には、流木や金属パイプなどが横
たわり、セメント製の橋渡し部分が損壊もしています。そして、
写真の右下部分にはクレソンなどが自生していましたが、流さ
れてしまいました。




まだまだ暑い夏が続くなか、昨日も家族連れや中学生達が水遊び
に興じていました。行政には早く安全な水辺の回復を目指して欲し
いものです。
 
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL

PR